五十肩 治し方 症状 原因 治療 体操 予防 チェック 痛み

五十肩とは・・・

五十肩とはいったい何なのかご存知でしょうか?


通常、肩が痛いといえば、肩こりを思い浮かべますね。そのためか、『五十肩』と『肩こり』を一緒に考える人も多いのですが、実は二つは全く異なるものです。


『肩こり』・・・首のつけ根の筋肉の疲労が原因で起こります。
『五十肩』・・・肩関節の周囲の炎症が原因で起こります。

[スポンサーリンク]


【首の痛みと間違えやすい 】

五十肩と思い診察してみると、首のほうに原因があったという話もよく聞くことです。


逆に「首の病気かな?」と来院した患者が、実は五十肩だったという話もよく聞かれます。


このように、首と肩を間違う患者がとても多くいるという傾向があります。


しかし、こうした間違いはいったいなぜ起こるのでしょうか?


その原因は、そもそも五十肩という病気が正しく定義されていないことにあると思われます。


五十肩とは正確にどういう病気なの?というところですが、これには諸説があります。


《五十肩の定義 》

骨折や脱臼をした覚えもないし、リウマチのような病気もない。すなわち外傷や特別な病気がないのに発症します。


五十肩とは【50歳代に起こりやすい 】

まさに「五十肩」の病名の由来となるわけですが、だいたい40歳代後半から始まって50歳代にピークを迎え、60歳代までは見られます。


不思議なことに20歳代、30歳代には五十肩は起こらないのです。70歳代、80歳代にもまずまれです。


もちろん、ほかの病気と同様、どんな人でも五十肩になる可能性があるのです。


発症する割合は全人口のうち2~5%といわれます。


これは一生のうちに五十肩にかかる人の割合は100人のうち2~5人ということです。


意外に少ないとも多いとも感じますが、いずれにせよ五十肩は誰にとっても身近な病気だといえるでしょう。


【肩から腕にかけての痛み 】

一口に「肩」といっても、痛みの範囲は肩にとどまらず、肩から腕にかけて痛むのが特徴。


首から肩にかけての痛みを訴えてくる場合、これはほとんどが首に由来する疾患です。


首 ・ 肩 ・腕は近い位置にあるので、痛みを混同しやすいせいだと思われます。


また、左右の肩に同時に発症することは少なく、ほとんどはどちらか一方の肩に起こります。


ただし、左右が時期をずらして発症するケースもよくあります。


【腕の動きが制限される 】

腕を前や横から真上に上げる。それから、腕を外や内にひねる。


五十肩になると、特にこれらの動作が制限されます。


痛みをこらえれば腕がひと通り動かせるという場合は、五十肩とはいいません。


痛みだけだと紛らわしい病気は多々ありますから、運動制限があるかないかが五十肩を見分ける大事なポイントだと覚えておいてください。


【自然に治る 】

これが不思議な特徴ですが、五十肩は誰でも時間が経てば治る病気なのです。


期間はおおむね半年から1年、個人差はあるものの自然に治っていきます。


ただし、「ほうっておけば治る」と軽く考えられては困ります。


確かに自然に痛みはとれますが、肩の動きは元通りにはなりません。


長い間放置しておくと、治ったあとで運動障害が残るので、適切な治療が必要です。

五十肩になる原因

五十肩 原因なぜ五十肩になるのでしょうか?


五十肩になる原因は、まだはっきりとわかっていません。


ただ、これまでの経験から腕を上げた状態で長時間作業をしたあとにおこりやすい病気だということはいえます。


特に、樹木の手入れをしたあとや大掃除で高い場所を拭き続けたあとに発症することがよくあります。


物を持ち上げようとした瞬間や、テニス・ゴルフのスイングなどの最中に突然激痛に襲われて、それ以降、肩を動かすたびに痛むケースも多いようです。


また、無理な姿勢をとったり、打ち身を起こしたことから五十肩になったという場合もあります。


一説に糖尿病の患者に発症率が高いともいわれましたが、調査の結果、関連性はないことがわかっています。


ここで“五十肩のメカニズム”をご紹介します。


なぜ、五十肩が起こるのか、肩の仕組みについて説明します。


一口に肩といいますが、これがなかなか複雑な構造をしています。


肩は、前後 ・左右に動くのはもとより、ほぼ360度にわたって回転でき、人体の関節の中では最も動く範囲が広い関節です。


しかし、こうした多用な動きに対応するために、肩関節の仕組みはかなり複雑なのです。


肩関節とは、腕の骨である『上腕骨』と、『肩甲骨』とのつなぎ目を指します。


上腕骨の上端にある丸い『骨頭(こっとう)』は肩甲骨のくぼみにはまりこんでいます。


このくぼみは非常に浅くできているために、上腕骨の動く範囲が広いという反面、はまり方が浅いので、関節が不安定で脱臼しやすいという弱点があります。


関節を取り囲む袋(関節包)がありますが、十分に強いとはいえません。


肩関節の周りは『肩甲下筋』『棘上筋(きょくじょうきん)』『棘下筋』『小円筋』という複数の筋肉が前から上、後へと順番に取り巻き、支えています。


これらの筋肉の周りには、『滑液包(かつえきほう)』という袋があって、潤滑油のような働きをする『滑液』をつくり、筋肉と腱の動きをよくしています。


さらに、肩甲骨と鎖骨はいくつもの靭帯でつながっています。


これらの筋肉はそれぞれ、コラーゲンの線維から成る『腱』によって、骨と連結されています。


腱は平べったい、板のような形をしていることから『腱板』と呼ばれます。


この腱板は、関節を安定させるために役立っているのですが、この『腱板』が五十肩の発症にかかわっています。



五十肩の症状

五十肩 症状では、五十肩とはどのような症状があるのでしょうか?


“五十肩の症状”は以下があげられます。


1、初期の痛み・・・肩の違和感がとれない。少し痛い。肩こり。その他

2、進行期の痛み・・・夜ズキズキ歯痛のように痛み、眠れない夜間痛と呼ばれるもの。

3、拘縮期・・・痛みとともに、肩が動かなくなってきます。(エプロンがつけられない。下着がとめられない。など)

4、拘縮期末期・・・痛みは大分ましになってきたけれど硬くて動かない。

5、回復期・・・あまり痛みが出なくなってきます。


最初、肩関節付近に鈍痛がおこり、腕の可動範囲の制限が起こる。


次第に痛みは鋭いものになり、急に腕を動かす場合などに激痛が走るようになる。


痛みのために、腕を直角以上に上げられなくなったり、後ろへはほとんど動かせないなどの運動障害が起こる。


生活にも支障がでてきて、重症化すると・・・洗髪 ・ 髪をとかす ・ 歯磨き ・ 炊事 ・ 洗濯物を干す ・ 電車のつり革につかまる ・ 洋服を着る ・ 寝返りを打つ ・ 排便後の尻の始末などが不自由となり、日常生活に大きな困難をもたらす場合がある。


軽症で済むか重症化するかの仕組みもはっきりしていない。


痛みは片方の肩だけの場合と、一方の肩が発症してしばらく経つともう片方の肩にも発症してしまう場合とがある。


片方の肩が発症してしまうと、もう一方も発症する確率が高いようで、これを防止することは難しい。


また、痛みのピーク時には肩の痛みに加えて、腕全体にだるさや痺れがあることも。


常に腕をさすっていないと我慢できない、と訴える患者もいる。


初期の症状が始まってからピークを迎えるまで数ヶ月を要し、ピークは数週間続き次第に和らいでくる。


痛みのレベルにもよるが、鋭い痛みが感じられなくなるまでに半年前後、さらにボールなど物を投げられるようになるまでには1年前後かかる。


腕の可動範囲を発症前の状態までに戻せるかどうかは、痛みが緩和した後のリハビリ次第で、多くの場合発症前の状態には戻りにくい。


要するに、症状が重くなると回復までに時間もかかるし、発生前の状態に戻す事が難しくなるのですね。

五十肩の治療法

五十肩 治療法五十肩は治りにくい感じですが、様々な治療法があります。


まずは 《消炎鎮痛薬 》 からご紹介します。


五十肩の痛みと炎症を抑えるためには、非ステロイド性消炎鎮痛薬やステロイド薬(副腎皮質ステロイドホルモン)を投薬します。


薬の種類には内服薬・ 外服薬 ・ 座薬があります。


※内服薬・・・1日3回、食後に薬を飲みます。

※外服薬・・・湿布薬 ・ 粘着テープ薬・ 軟膏などを患部に貼ります。

       最低1日1回は貼り替えます。

※座薬・・・痛みが激しい場合は、座薬を使用します。

      食前食後など投与時間に制限が無いため、いつでも投薬する
       ことができ、約30分後には効果があらわれます。


【 消炎鎮痛薬の副作用 】

消炎鎮痛薬には、胃腸障害が起こるという副作用があるため、胃炎治療薬や消化性潰瘍治療薬を同時に処方されます。


副作用の発生頻度は、内服薬が一番多く、次に座薬、外服薬の順。


ただし、通常であれば五十肩の治療のために消炎鎮痛薬を服用するのは短期間なので、それほど心配する必要はありません。


【 消炎鎮痛薬の注射 】

痛みが激しい場合、ステロイド薬と局部麻酔薬を混ぜた注射を患部に直接打つ治療法があります。


ただし、この注射を打ち過ぎると肩関節の腱が切れやすくなる、という副作用があります。また、数時間で効果は消えてしまうので、おすすめできる治療法ではありません。


《 薬物治療法 》

【 痛みが激しい時の薬物治療法 】

痛みが激しい時は、腕を吊って固定するなどして安静にし、消炎鎮痛薬や外服薬を使って炎症と痛みを抑えましょう。


腕や肩を使う作業や運動をするのも止めましょう。約1~2ヶ月で激しい痛みは治まります。


痛みのせいで日常生活に支障が出たり、眠れない場合は座薬を使うと早く効果があらわれます。


痛みが和らいできたら、痛みの激しい時のみ内服薬を飲むようにします。


痛みが無くなり、腕や肩が動かしやすくなったら、薬物療法を用いる必要はありません。


《 体操治療法 》

肩の痛みが和らいできたら、運動制限がひどくならないように、体操治療法を行います。


体操治療法を行う前は、カイロなどを当てて肩を十分に温めておきましょう。


お風呂上りであれば温める手間もかからないのでオススメ。


また、肩が痛む場合は無理に動かすのはやめましょう。炎症がさらにひどくなってしまいます。


【 痛みが激しい時の体操治療法 】

肩の痛みが激しい場合は安静が第一なのですが、固定したままでは肩の動きが悪くなってしまうため、簡単な運動が行える『振り子体操』を行いましょう☆


“ 振り子体操(コッドマン体操) ”のやり方

1,立った状態で、机に五十肩ではない方の肘をつけます。

2,五十肩の手に約2キロの重り(アイロンや中身の入ったペットボトルなど)を持ち、前かがみになります。

3,重りを持った手を、ゆっくり前後に10回動かします。

4,ゆっくり左右に10回動かします。



※この体操を1日1回行うだけでも、肩の動きが改善されます。初めのうちはあまり無理をせず、痛みが激しい場合は回数を減らし、少しずつ増やすようにしましょう。


この振り子体操は、アメリカのコッドマン医師が考案した有名な体操法であり、別名『コッドマン体操』『アイロン体操』などと呼ばれています。

1日3回は行うようにしましょう!


【 痛みが和らいだ時の体操治療法 】

痛みが和らいだら、『肩の動きを回復させる体操』『背面腕組み体操』『チョキ体操』『タオル体操』を行いましょう。


“ 肩の動きを回復させる体操 ”のやり方

※肩の体操1
1,仰向けに寝て、両腕を体の脇にぴったりと付けます。
2,両肘を曲げて、直角にします。
3,両肘が体から離れないように、両手を外側へ広げます。
4,一番広がった状態のまま、5秒間キープします。
5,2の位置に両手を戻します。
6,2~5の動作を10回繰り返します。


※肩の体操2
1,仰向けに寝て、両腕を真横に伸ばします。
2,両肘を下側に直角に曲げます。
3,床から腕が離れないように、肘を戻して腕を伸ばします。
4,両肘を最大限に伸ばした状態のまま、5秒間キープします。
5,2~4の動作を10回繰り返します。


※肩の体操3
1,仰向けに寝て、両手を頭の下で組んで、両腕は耳につけます。
2,1の状態のまま腕を開いて、肘を床につけるようにします。(床につかなくても大丈夫です。)
3,最大限に開いた状態のまま、5秒間キープします。
4,1~3の動作を10回繰り返します。


※肩の体操4
1,立った状態で、頭の後ろで両手を組み、5秒間キープします。
2,腰の後ろで両手を組み、5秒間キープします。
3,1と2の動作を10回繰り返します。
※手を組む位置を少しずつ高くしていくと効果的。



五十肩を回復させる体操のやり方

“背面腕組み体操”

1,立った状態で、右腕を上、左腕を下にして背中で両手を組みます。
2,1とは腕を反対にして、背中で両手を組みます。
3,1と2の動作を10回繰り返します。


“ チョキ体操 ”
1,壁を正面にして立ちます。
2,五十肩の方の手をジャンケンのチョキの形にして、壁を下から上になぞります。
3,2の動作を10回繰り返します。
4,壁に五十肩の方の肩を向けて立ちます。
5,2の動作を10回繰り返します。


“ タオル体操 ”
1,立った状態で、両手でタオルの両端を持ちます。
2,両腕を上に伸ばして、タオルをピンと張ります。
3,五十肩ではない方の腕を下に引きます。
4,2と3の動作を10回繰り返します。
5,タオルを頭の後ろで持ち、2と3の動作を10回繰り返します。

※これらの体操を毎日行うことで、肩の動きが回復します。


【腕や肩が動かしやすくなった時の体操治療法 】

痛みも無くなり、腕や肩が動かしやすくなったら『肩の動きを回復させる体操』に加えて、軽い運動(ラジオ体操)や趣味でやっていたスポーツをやるようにしましょう。

※痛みが消えたからといって油断してしまうと、運動制限が残ってしまいます。


《 温熱治療法 》

【 痛みが激しい時の温熱治療法 】

痛みが激しい時や、肩や腕が思うように動かない場合は、氷や冷湿布などで患部を冷やします。


痛みが引いてきたら、温湿布やカイロなどを使って温めましょう。痛みが少しある場合は、炎症が消えてきているので、冷やすのではなく温めるようにすると効果的です。


【痛みが和らいだ時の温熱治療法 】

痛みが和らいできたら、肩を温めましょう。温湿布やカイロだけではなく、お風呂に使って十分に温めるのも効果的。少し痛むからといって、肩を冷やすのは厳禁です。


同時に体操を行うと、肩の動きが改善されます。痛みも無くなり、腕や肩が動かしやすくなっても、温熱治療法を続けるようにしましょう。


《 その他の治療法 》

【 神経ブロック治療法 】


神経ブロック療法では、五十肩の痛みを感じる神経に局部麻酔を注射して、痛みを消す治療法です。


ただし、注射なので約2時間で効果は無くなります。激しい痛みに耐えられない場合に使われることが多く、入院する必要もありません。


【 手術 】

五十肩の症状が重症になったり、短い治療期間で治療させたい場合には、手術を行って治療する方法もあります。


身体への負担が少ない内視鏡を使った手術を行うため、1日から2日の入院をするだけですぐに退院することができます。


全身麻酔をかける必要があるので、心臓病や糖尿病の方は手術を受けられない可能性もあります。


ただし、この手術は五十肩のリハビリを行いやすくするための手術なので、手術だけで完全に治療することはできません。


【切開手術】

肩を切開して骨を切除し、五十肩の痛みの原因となっている腱板の動きをよくするための「肩峰下除圧術」という手術方法があります。痛みは早く治まりますが、約1週間入院する必要があります。

[スポンサーリンク]


五十肩を予防する方法

五十肩が治ったとしても、反対の肩がまた五十肩になってしまうケースもよくあります。しかし、残念ながら、現代の医学でも五十肩を完全に予防する方法はありません。


五十肩になってしまう人は、デスクワークを行っている人に多くあります。反対に肉体労働をしている人には、少ない傾向があります。


そのため、適度に肩関節を動かしていれば、ある程度は五十肩を予防することが可能です。


毎日意識的に肩を回す運動をしたり、趣味で運動を始めるのも良いでしょう。また、簡単なところでは、ラジオ体操を毎日するのもお勧めです。


五十肩にならないように予防も大切ですが、五十肩になってしまった方は、自分に合った治療法で治していきましょう!


無理せず自分のペースでやっていくのが1番ですね。

五十肩体操

“五十肩の治療法”でも紹介しているので、多少似ている所もありますが・・是非参考にしてみて下さい。


《 五十肩体操について 》

五十肩は、別名をフローズンショルダー(凍結肩)とも言い、肩関節の硬直(硬くなって動かなくなる)を特徴としています。


急性炎症期では、安静にして患部を冷やすことが大切ですが、慢性期においては患部を温めて積極的に体操した方が予後良好です。


五十肩の体操は、いろいろありますので痛み方によって使い分けが必要です。五十肩で体操(ストレッチ)を行う場合は、無理をせずに行いましょう。


始めはゆっくりと。動きが良くなってきたら徐々に可動域を広げ、症状の緩和を目指します。


“アイロン体操(コマンド体操)” 【激痛期】

椅子や机などで体を支えて安定させ、五十肩で痛い方の手にアイロンやダンベルなど、おもりになる物を持って、静かに前後、左右にゆらします。


始めはゆっくり。動きが良くなってきたら少しずつ、ふり幅を広げていきます。


アロン体操は、五十肩の中でも主に急性期に行います。


特に、腕が水平より上に上がらない場合に適しています。下を向いた運動になりますので、肩関節にかかる負担が少なくてすみます。


無理のかからない程度に、患部をストレッチする要領で行って下さい。


“コニリー体操(コンノリー)” 【慢性期】

五十肩の中でも、主に慢性期に行います。

腕が水平より上に上がるようになってきたら、積極的に動かすようにします。


1,自分の肩より高い所(タンスなど)を握り、腰を落とすことによって肩関節が引き伸ばされる様にします。

2,健康な方の手で、五十肩のある方の手を握り、上に引き上げる。

3,両腕を頭の後ろで組み、肘を開く。



“棒体操” 【回復期】

棒を両手で持ち、健康な方の手で五十肩のある方の腕を引っ張ったり、伸ばしたり、更に積極的に肩関節の可動域を広げていき、ストレッチして行きます。


肩関節の動きが改善されはじめ、強い痛みも快復してきたら、一歩進んで棒を使い、肩関節を大きく動かしてみましょう。


“壁押し体操”

【予防】

予防法として使える体操です。壁を使って、腕立て伏せを使う要領で行って下さい。


【その他】

痛みが強く、肩関節が良く上がらないときに適しています。指を使って壁を歩くようにして、少しずつ肩をストレッチし、可動域を広げていきます。



五十肩とまぎらわしい肩の病気

五十肩とまぎらわしい肩の病気五十肩と似ている肩の病気についてご紹介します。

【 肩峰下滑液包炎 】

肩峰下滑液包炎とは、方の先にある肩峰と上腕骨の間にあって、水枕のような役目をしてます。


ここは、血管や神経の多いところなのでちょっと故障があれば、すぐに痛みがあらわれます。


滑液包自体が炎症を起こしたり、腱板が切れて、滑液包内の液体が漏れ出したりして痛みが起こります。


60歳代の人に多く見られ、老化現象のひとつだと考えられています。


治療法は、安静にして炎症鎮痛剤を用い、理学治療とステロイド注射などです。


リウマチや結核などの炎症性疾患による2次性の場合は、それらの原疾患の治療と滑膜切除が必要になることもあります。


【 腱晩炎 】

腱板が擦り減ってきて、肩関節の痛みや運動制限が現れます。腱板が切れれば、手術する必要がありますが、切れるまでいかないで炎症が起きている状態です。


比較的、若年層に多く、40歳代に最も多く見られます。高齢では、寝返りしたときに腱板が切れることがあります。


治療法は、五十肩とほぼ同じで、ステロイドと麻酔薬の局所注射が効果的です。


適度の運動療法は禁物です。炎症鎮痛剤は無効です。


症状が長期になる場合は、肩峰切除が必要になることもあります。


【 鳥口突起炎 】

鳥口突起炎(うこうとっきえん)とは・・・

鳥口突起は、肩甲骨の端にあって、鎖骨や上腕骨・肩甲骨自信などの靱帯や腱が全部ここに集まっているので、炎症が起こりやすいのです。右肩に多く発症するのが特徴。


治療法は、温熱・超音波などの理学療法と、数回のステロイドと麻酔薬の局所注射を行います。痛みがあるときは、安静が大切です。


【 石灰沈着性腱板炎 】

石灰沈着性腱板炎(せっかいちんちゃくせいけんばんえん)とは・・・

血液中にある炭酸カルシウムが腱板に沈着し、突然激痛に襲われます。原因はまだ解明されていません。圧倒的に中年女性に多く見られます。


治療法は、痛みをとるために鎮痛・消炎薬を投与するのはもちろんですが、ステロイドと麻酔薬の局所注射を行います。


手術で石灰沈着を取り除くこともあります。緊急に痛みを取り除き、早期に運動を開始することが原則です。安静にしているだけでは拘縮を引き起こしやすいのです。


【 上腕二頭筋腱炎 】

上腕二頭筋腱炎(じょうわんにとうきんけんえん)とは・・・

腕を外側に回したり、物を持ち上げたりするときに痛みが走ります。上腕二頭筋は、分厚い三角筋におおわれていて目立ちませんが、構造が複雑なため、摩擦による炎症が起きやすいのです。


若い人の場合は、過度の運動・スポーツによるものが多く、中年以降にも多く見られます。


治療法は、肩および肘の動きを制限し、安静にすることが一番です。痛みが強いときは、局所注射を行うこともあります。炎症のため、罨法(あんぼう)・理学療法・内服薬も用います。


【 肩関節拘縮 】

肩関節拘縮(かたかんせつこうしゅく)とは・・・

原因が不明瞭な1次性のものと、骨折などによって、骨や関節に異常をきたした2次性のものがあります。


治療法は、局所注射や理学療法です。局所注射や理学療法をしても、効果があらわれないときは手術をします。


注射して痛みをとれば、肩が動くところが五十肩と違います。しかし、肩を上げにくい状態が長く続くと、拘縮や癒着が進み、病態も複雑になります。


五十肩とまぎらわしい肩の病気って結構ありますね。

五十肩チェック

五十肩 セルフチェック 診断自分が五十肩かどうか、チェックしてみましょう。

1.左右の肩の形が違う
2.肩甲骨がスムーズに動かない
3.肩が重く、だるい感じがする
4.肩を動かすと痛いところがある
5.背中など、以前は手が届いていたところに手が届かなくなった
6.肩に痛みがあって動かない
7.何もしないでジッとしていても肩が痛む
8.肩だけでなく、腕まで痛む
9.夜、肩の痛みでなかなか眠れない
10.眠っていても肩の痛みで起きてしまう

3項目以上該当する人は、五十肩の可能性があります。

6~10に当てはまる人は、整形外科など専門医の治療を受けましょう。


五十肩の検査と診断

五十肩 検査《 運動機能検査 》

「五十肩」だと診断したら、肩関節の動きを調べるために、腕を動かす検査をします。


計測は、【前(屈曲)・横(外転)・後(伸展)・外(外施)・内(内施)】の5方向で行い、その角度をきちんと記録します。この記録は、診察の基本になる重要なものです。


《 画像検査 》

エックス線写真は必ず撮ります。五十肩による肩の異常は、エックス線写真には写りませんから、五十肩以外の病気ではないかどうかを調べて、鑑別診断に役立てるのが目的です。


また、最近はMRI(磁気共鳴画像)検査も行われていますし、超音波で検査することもあります。


ただし、これらの画像検査は腱板断裂などが疑われる場合に行なわれる補助的な診断法です。


《 局所麻酔薬の注射 》

治療の中で良く使われる局所麻酔薬を、医師によっては診断のために用いる事があります。


炎症を起こしている場所の見当をつけて注射し、劇的に痛みがとれたら、その場所で炎症を起こしてると考えられます。


五十肩は、いろいろな場所が引き金になるので、厳密に場所を特定するためには有効な方法です。


《 鑑別診断 》

医師による検査結果をもとに、「鑑別診断」を行います。五十肩には、50歳代によく起こる紛らわしい病気が多いからなのです。


特に、部位と症状が近いグループはきちんと調べて除外しておかないと五十肩という診断にはたどりつきません。


肩の炎症だけで癒着が起きない病気でも、診断法や治療法は五十肩とほぼ変わらないので、五十肩と誤解する患者さんもいます。


「五十肩になったけれど、1ヶ月ですっかり治った」というような場合は、よく似た病気と誤解してます。


《 肩峰下滑液包炎(けんぼうかつえきほうえん) 》

肩峰下滑液包が炎症を起こす病気です。五十肩の前段階とも考えられていますが、原則として原則として腕がひと通り動くので、運動制限がある五十肩とは区別されます。


《 腱板炎(けんばんえん) 》

腱板が炎症を起こす病気です。肩峰下滑液包炎と同じく、痛みはありますが腕はひと通りに動きます。これも、五十肩の前段階の1つだと考えられます。


《 腱板断裂(けんばんだんれつ) 》

腱板は体の中で最も老化の早い組織の1つなので、重いものを持ち上げる、荷物を上に上げる、上にあるものをとるなどの動作をすると、突然切れることがあります。


特に、棘上筋の腱板断裂が多く見られ、50歳代から増えていき60歳代でピークを迎えます。激しい痛みを感じ、突然腕が上がらなくなるのは五十肩と同じですが、違うのは、自分では腕を十分に上げられなくても、他人が手を貸せば動くことです。


《 肩峰下インピンジメント症候群 》

インピンジメントとは、英語で『ぶつかること』『衝突』という意味です。一般にはまだ聞きなれないこの病名が今、肩の学会では大きなテーマになっています。


簡単にいうと、腕を上げるときに腱板が肩峰にぶつかることから起こるさまざまな症状の総称です。


一例として年をとると、棘上筋の上にある肩峰の突起部分に『骨棘(こつきょく)』という、トゲのようなものができることがあります。


腕を上げると腱板がこの骨棘にぶつかるため、腱板に炎症が起こったり、腱板が擦り切れて断裂を起こしやすくなります。


そういう意味では、『肩峰下滑液包が炎症』『腱板断裂』もインピンジメント症候群の1つのステージであると考えられます。


《 上腕二頭筋長頭腱炎(じょうわんにとうきんちょうとうけんえん) 》

上腕二頭筋の腱の1つである長頭腱に炎症が起こる病気です。ここは炎症を起こしやすい部位なので、ひところは、これが五十肩のすべての原因だと言われたこともありました。


しかし、連動制限は起こらないので、今は、五十肩の始まりの1つの様相であると考えられています。


《 石灰化腱炎(せっかいかけんえん) 》

腱板は石灰化(血液中のカルシウムが結晶となって沈着すること)が起きるために、突然激烈な痛みを生じる病気です。


腱が破れて、周囲にも出たカルシウムの結晶が急性の炎症を起こすためと考えられています。これも、年をとるとともに起きやすくなります。


五十肩のように肩や腕の動きが悪くなるわけではありませんが、あまりの痛さのために腕を動かすことができません。


五十肩とよく間違えられますが、エックス線写真を見れば石灰化が起きているかどうかが一目で鑑別できます。


《 肩変形性関節症 》

肩関節自体の軟骨がすり減って変形と炎症を起こす病気です。荷重関節である膝にはよくある症状ですが、肩は荷重関節でないので、あまり多くありません。


《 肩鎖関節変形性関節症(けんさかんせつへんけいせいかんせつしょう)》

肩鎖関節が変形して炎症と痛みを起こすことがあります。ゴルフで痛める傾向があり、ゴルファーに多い病気です。


《 肩関節炎 》

細菌が入って肩関節に炎症が起こることがあります。


《 リウマチ 》

リウマチの関節痛は肩に限りませんが、患者の方によっては肩の痛みを訴えることもあります。


《 肩手症候群 》

肩が痛いだけでなく、手も腫れて痛むという病気です。肩を打撲したあとに手が腫れ、五十肩に似た運動障害が起こる患者の方がいます。交感神経の調子が狂って血行異常を起こすことが原因です。


《 骨折・脱臼などの外傷 》

外傷によって起こる肩の痛みも多くあります。それが引き金となって五十肩に似た状態になることはよくあります。


《 頸椎の病気 》

頚部脊椎症などの頚椎の病気により、知覚神経が刺激され、首だけでなく肩にも痛みを感じることがあります。


これは部位としてはかなり遠いのですが、非常によく五十肩と間違えられる病気です。


首を斜めに後方にそらしたり、横に曲げたりすると痛み、さらに腕がまったく問題なく動かせるので、五十肩とは鑑別できます。


《 肺の腫瘍 》

肺の腫瘍が原因で肩が痛いというケースが時々あります。


《 心筋梗塞 》

心筋梗塞で胸痛のほかに、肩が痛いというケースもあります。


《 五十肩は『肩関節周囲炎』の一つ 》

五十肩に限らず、老化と共に肩関節の周辺にはさまざまな障害が生じます。そのために起こる病気を総称して『肩関節周囲炎』と呼んでいます。


ですから、五十肩イコール肩関節周囲炎ではありません。医学的に、肩関節周囲炎はもっと広い概念を指します。


しかし医師は1つ1つの病名を詳しくは言わずに、単に『肩関節周囲炎』といいますし、五十肩が疑われる場合も、運動制限が起こっているかどうか判明しないうちは『肩関節周囲炎』と呼んでおくことが多いです。


表現上誤りではありませんが非常にあいまいな言葉で、患者さんにとってははっきりしたイメージがつかない病名かもしれません。


ただ、肩の痛みの原因を五十肩かどうか定義するには少し経過を見る必要があります。したがって、とりあえず『肩関節周囲炎』と表現せざるを得ないのです。


保険の請求などでも、この病名がよく使われています。

[スポンサーリンク]

↑ PAGE TOP